PUMAファンについて

PUMAの歴史1962年〜


★1962
チリワールドカップにて、ペレが2年連続の勝者になる。
★1970
ペレがスパイク『キング』を履く。
最高殊勲選手となる。
★1974
ヨハン・クライフがプーマスパイクを履く。
最高殊勲選手に選ばれる。
★1977
アルゼンチンのギレルモ・ヴィラスがプーマシューズを履いてUSオープンテニスで優勝する。
★1978
アルゼンチンの9人の選手がプーマスパイクを履く。
そのワールドカップにてアルゼンチンは優勝する。
得点王はケンペス。
★1982
マラドーナがプーマスパイクを履いてワールドカップ出場。
プーマのデュオフレックスソールを開発する。
★1985
ドイツのボリス・ベッカーがウィンブルドンで優勝。プーマのテニスシューズとラケットを使う。
★1986
プーマ有限会社が株式会社となる。
ミュンヘンとフランクフルトで一般公開される。
マラドーナ率いるアルゼンチンがワールドカップ優勝。
あの有名な「神の手」ゴールが生まれる。

■PUMAファンについて


PUMAファンTOPへ
©PUMAファン
お試しセット紹介